SSブログ
前の10件 | -

Acerの4Kモニター買った! [Home Cockpit]

ついに念願の4Kモニターを購入しました!!

購入したのはこれ↓
Acer ET322QKwmiipx 31.5インチ

ひとまず設置してみます。
IMG_0224 (1).jpg

お隣は長年使っているAcerのAcer ER320HQwmidx 31.5インチ 2K IPSモニターです。

仕様比較
monitor.png

パネルサイズは同じ。
主な差異ポイントは、液晶パネルがIPSとVA、非光沢と半光沢、色再現性、重さといったところでしょうか。

まずパネルの光沢が全然違います。
monitor_koutaku.jpg

非光沢初めて買ったんですが、こんなに違うんですね…。

で、早速比較。


・応答はVAパネルの方がいいように見えます。
・VAパネルは黒が弱く全体的にやや白っぽくなる。IPSの方が黒の質感がきれい。
・当然ですがVAは横や上から見ると白っぽくなります。こんな角度から見ないので関係ないですが。

上記の動画は2Kで比較してますが、4Kはめちゃめちゃ綺麗です。
細かさが4倍になっているので、31.5インチで眼がその細かさ、滑らかさを認識できます。

比較スクショ貼ろうと思いましたが、スクショだと全然判別できないのであきらめました。
人の眼ってすごいなって思いますねほんとに。



設置は角で台座がうまく置けないこともあり、モニターアームを初めて購入して設置してみました。
IMG_5922.jpg

購入したアームがこれ↓
ErGear PCモニタアーム 13~32インチ対応 耐荷重8kg https://amzn.to/3gvEksW
2000円台の割と一般的な水平3軸タイプ。
初めてアームを買うのでダメでも後悔しない価格を選んでみました。

◆条件
机の厚さ 1cm
取り付け クランプ
モニター重量 約5.6kg
利用方法 ほぼ固定利用で可

アームの数字上の仕様では重量は8kgの耐荷重なので全然問題ないはずですが、これがめちゃくちゃ不安定。

軸から離れるほどアーム部の負荷が高まるわけですが、31.5インチだとせいぜい写真の通り軸から20cm離すのが限界。これ以上伸ばすとアームが下方向へたわみます。
実はこの状態でも1cmくらいアームが下方へたわんでるので不安な状況。
自分の場合固定利用なので落ちなければいいですが、しょっちゅう動かす利用には全く不向きです。

もう1枚右側のモニターにもアームが必要なので、次はもう少し考えて買うことにします。
31.5インチは重たいんすねやっぱり。

IMG_5970 (2).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

Microsoft Flight Simulator XBOX版リリース日決定! [MSFS2020]

来ましたリリース!!

Microsoft Flight Simulator2020(MSFS)のXBOX版リリース日が発表されました。

2021年7月27日です!



4Kでこのレベルで動くとかマジすかマイクロソフトさん...

これはXBOX買っちゃう…か?
シリーズSで3.8万かー(笑)

nice!(0)  コメント(0) 

メモリ増強16GB⇒32GBでFPSは向上するか [MSFS2020]

現状16GBのメモリを搭載していますが、起動中や羽田エリアでは上限に張り付く事象が気になってました。

msfs起動中メモリ_16GB.png

これはメモリが不足しているのではないかということで、倍の32GBへ増強してみました。
新品で1万円、中古で7000-8000円くらいの相場感。

データセッティング状況
data_settings.png

起動前比較(左16GB/右32GB)
kidoumae (2).png

ちょっとメモリの食べ方が異なりますが、原則Windows10起動直後の状態です。

初期起動時間比較(左16GB/右32GB)
shokikidoutime.jpg

誤差の範囲であまり変わりません。

MSFS起動後、フライト起動直後比較(左16GB/右32GB)
honkidoukaisi.jpg

起動直後も大差なし。

フライト起動完了時間比較(左16GB/右32GB)
honkidoutime.jpg

20秒ほど32GBの方が早かったですが、この程度なら誤差の範囲かも。

ていうか、いざ飛ぼうと思うと15分も待たされてたっていうことに愕然。
ロード時間長すぎ…。


フライト起動完了後比較(左16GB/右32GB)
kidoukanryou.jpg

起動完了時に差がはっきりでました。
メモリ使用量が14.3GBから20.8GBに増大しています。
メモリ16GBだと足りなかった、ということになりますかね。

フライト中の比較もしてみたのがこちら↓



通常フライト時のFPSはあまり変わらず。
ただ、メモリはきちんと食ってます。
大きく差が出たのは高度が下がってLODが切り替わるタイミングです。
1500-1000ftあたりでカクカクしていたものが、ほぼノーカクカクで通過していきます。
グラボ側も負荷が下がっているようで、メモリ増強(16GB→32GB)は一定の効果があったように思います。

こうなるとHDDに入れてるMSFSもM.2 SSDに換装してみたくなるなぁ。
数十GBの再ダウンロード&インストールがつらい…。

5月のUPDATEで本体サイズが半分になったらしいので再インストールも少しは楽かな?
https://www.4gamer.net/games/464/G046401/20210601002/


nice!(0)  コメント(0) 

MSFS 東京羽田空港&周辺シーナリーMOD [MSFS2020 アドオン]

MSFS2020の羽田空港と周辺の整備を行いました。
とはいっても、有志の方が制作されたMODを拝借しただけですが…。

1.羽田空港修正
デフォルトで羽田空港オブジェクトがあり、十分綺麗ですが結構雑です。
Taxiウェイがぐにゃぐにゃしてたり、D滑走路への橋脚上のTaxiウェイがなかったり、たまに高低差がおかしくなったり、LDAが使えなかったり、、などなど。

これを是正してくれるMODを作られた方がいらっしゃいます。

karuchie氏
RJTT Tokyo International Airport, revised based on the New Aerodrome Chart
https://jp.flightsim.to/file/12425/rjtt-tokyo-international-airport-revised-based-on-the-new-new-aerodrome-chart

このMODは以下を修正されています。

・ぐにゃぐにゃTaxiウェイを直線に
・Taxiウェイの名前を正しく(サインは除く)
・D滑走路への橋脚高低差修正、Taxiウェイライト表示
・D滑走路の船舶衝突防止灯設置
・LDAアプローチ追加
・RW23オフセット修正

加えて、他の方が制作されたライトMODも併用するとスポットが明るくなり、管制塔の灯火も修正されます。
素晴らしい!!
ありがたく使わせていただいております。

Taxiウェイライトがまっすぐに
rjtt_fix_1.png

Dランの衝突防止灯が追加
ちゃんと点滅します。
rjtt_fix_4.png

Dランへ向かう橋脚の表示是正(たまにでこぼこに表示されてしまっていた)
rjtt_fix_3.png

滑走路進入灯
自分の環境だとなぜかこの進入路灯が消えてしまっていましたが復活しました。
ばっちばちに明るくて満足。
rjtt_fix_2.png


導入にあたって1点。
最初何も考えずにこのMODを入れたとき以下のように表示されてしまい、結構悩みました。
rjtt_fix_0.png
他のMODを入れたり消したり原因の特定にかなり時間がかかりました…。

これは、同氏の以下のMODと併用していたことが原因で、以下のMODは橋を盛り土で是正、新MODはオブジェクトを埋め込んで是正しているので、同居させると高さがおかしくなる、ということでした。

RJTT Tokyo International Airport LDA approach Fix
https://jp.flightsim.to/file/11188/rjtt-tokyo-international-airport-lda-approach-fix

ということで、上記MODを削除して完成。


2.羽田周辺シーナリー
こちらは東京の主要エリアをGoogleの3Dオブジェクトから生成してくださったMODになります。

Hiro氏
Enhanced Tokyo, Japan 202103
https://jp.flightsim.to/file/10951/enhanced-tokyo-japan-202103

大きな4つのブロック、東、西、南、北にわかれています。
すべて導入すると激重になるので、使用するアプローチで使い分けています。
16の場合は南、22の場合は東を入れるとアプローチのリアリティが非常に高まります。
このMODめちゃいいっす。

Microsoft Flight Simulator 2021_05_26 16_46_06-min.png

Microsoft Flight Simulator 2021_05_26 16_46_34-min.png


3.東京有料シーナリー
Samscene3Dも安い(800円くらい)ので購入してみました。

お台場の様子
Microsoft Flight Simulator 2021_05_26 16_46_56-min.png


4.海ほたる
恒例Shigeさんの東京シーナリーを拝借しております。
http://fsx.o.oo7.jp/

PLATEAU都市モデルなどを使ってどんどんUPDATEしてくださっているので追い付けてませんが、ひとまず海ほたるを拝借している状況です。

Microsoft Flight Simulator 2021_05_26 16_18_38-min.png

東京、羽田はだいぶいい感じに整備できました!
この映像で30FPS以上で動くとかなりやばみです(笑)

豊洲近辺
Microsoft Flight Simulator 2021_05_26 16_57_23.png

16L/16Rアプローチ用のガイダンスライトも表現されてます。
静止画だとわかりにくいですが、夜間これが光ってるとめちゃめちゃアプローチしやすいです。
いままでのシミュレーターではここまで表現されているものはなかったのでは。
ldg_guide.jpg




nice!(0)  コメント(0) 

4/30放送 タモリ倶楽部 フライトシミュレーター使用機材 [MSFS2020]

先日4/30深夜に放送されましたタモリ倶楽部の「キャプテンタモリ空を飛ぶ!超高性能フライトシミュレーターで里帰り」で使用した機材は!?、フライトシミュレーターってどうやって始めるの!?などのお問い合わせをいただくので、ここで簡単にご紹介したいと思います。


◆どうやってはじめるのか
大きく、方法としては3通りになります。
無題.png

マイクロソフトのXBOX Game Passという800円/月(5/2現在はなんと100円/月!!)でゲームが遊び放題というサブスクサービスがあるので、まずはこれで試してみるのが一番手っ取り早いです。

XBOX Game PassのMSFS2020はこちら
ちなみにMicrosoftの回し者ではありませんのであしからず。

あとは、XBOX Series X/Sか、PCになりますが、PCは相当スペックが必要になるのでサブスクで試してからの検討がよいと思います。
XBOX Series X/Sは5月現在入手困難、MSFS2020も2021年夏頃に発売予定で、まだ価格も決まっていません。


◆当日グラフィック設定
先日のタモリ倶楽部での収録時の設定は以下です。

・画面サイズ     フルHD(1920x1080)x1枚
・グラフィック設定  HIGH(ULTRAの次の表現レベル)
・フォトグラメトリー ON(23区がやたら詳細だったのはこれ)
・FPS        30程度以上(画面の滑らかさ)

4K、ULTRA設定が最強になりますが、この表現レベルを求められる方はパソコンに何十万円も投資できる方なので、ここでは取り上げません(笑)
お手持ちのPCでも上記の設定レベルを下げると、カクカクかもしれませんが、動く可能性はあります。


◆当日使用機材
15kg以上ある自作PCをスタジオへ持ち込んで撮影しています。
主要スペックは以下の通りです。

<パソコン>
普通に新品で組み上げると少なくとも15万円はかかります。購入すると18万円以上かと思います。
番組でご覧になった程度の画質、滑らかさを期待される方は少なくともこのレベルのPCが必要です。
CPU、メモリサイズ、グラボが重要で、特に以下の構成でもCPUのパワーが不足します。グラボは当日のHIGH設定の2Kであれば結構余裕あり。
Ryzenは相性が悪いらしく、巷ではintelが推奨されています。(真偽のほどは確認してないので不明)

・CPU intel Core i7 9700K
・グラボ ZOTAC GAMING GeForce RTX 3070 Twin Edge OC
・マザボ ASRock Z390 Pro4
・CPUクーラー 虎徹 Mark II  
・メモリ CORSAIR DDR4-2666MHz 
・OS Windows 10 Pro
・MSFS2020 Premium Edition

※上記リンクはAmazonアフィリエイトでAmazonへ飛びます。お気に召さない方はテキストだけコピーして検索してください。

<Yoke&Throttle>
中古でうまく揃えれば3万円以下でなんとかなります。操縦機器はぶっちゃけなんでもいいです。

Logitech Gaming Saitek PROフライトヨーク
ロジクールプロラダーペダル

久しぶりにAmazon見てみたらめちゃくちゃ高騰してますね。過去はヨークシステム、ラダーがそれぞれ1万台で買えた時代もあったのに…。いつからこんなに高いの?

<ネット回線>
実は結構高速なネット回線が必要です。
フライトしながらデータをダウンロードしてくるので、無制限に使える家庭用環境が推奨です。
この速度が遅いとカクカクしたり、読み込みが遅くなってのっぺりした画面が表示されたり、ひどいときは一時停止します。

NETFLIXスピードテスト
https://fast.com/ja/#

ここで10Mbps程度は欲しいところです。

◆補足
・日本語対応ですが、21年4月にリリースされています。日本人にもだいぶ敷居が下がりました。


PCを新しくする前に撮影した旧スペックの動画がありますので参考まで。
i7 4790K、GTX1060でグラフィック設定を変えてパフォーマンス比較してます。@新宿副都心
ただし、フォトグラメトリ(建物を写真みたいに表現する機能)がリリースされる前のバージョンです。



フォトグラメトリをオフにしてフライトすれば、10万円未満のいわゆる一般的なご家庭向けパソコンでもある程度はフライトできるかもしれません。

あくまでも個人が持っている情報ベースなので情報の誤り等があっても責任は負いかねますのでご了承ください。

それでは楽しい空の旅を♪
Good Day!



nice!(0)  コメント(4) 

4/30 タモリ倶楽部 フライトシミュレーター特集 [MSFS2020]

明日、4/30深夜放送のタモリ倶楽部はなんと我らがフライトシミュレーターが取り上げられております!!
告知しようか悩みましたが、僭越ながらシマーを代表しましてワタクシが出演させて頂いております。

よろしければぜひ思いやりの心とあたたかい目でご覧頂ければ幸甚でございます。


E8EFDEE0-F7B4-4EA8-ADEB-4B58065771B4.jpeg
nice!(0)  コメント(2) 

ホームコックピット制作の歴史を振り返る [Home Cockpit]

突然ですが、諸事情(?)ありまして、これまでのコックピット制作の歴史を振り返るべく、動画としてまとめてみました。

2007年に初めてはや14年。
月日が経つのは早いものです。
同じ志を持つ方々にも支えられ(そそのかし?笑)、年齢や場所を超えた仲間もでき、改めていい趣味だなーと思っています。
(お金はかかりますが)

最近は、環境的に店を広げるわけにもいかずこじんまりデスクトップ+α程度のコックピットになっていますが、将来的には完璧なコックピットを作りたい!という夢は持ち続けてます。
だんだん手持ちのHWがチープになりつつあるのが気がかり笑

ソースはいろいろあるので、この辺の↓から集めてきて作りました。
15分くらいありますが、どうぞお楽しみください^^

◆Boeing737 Home Cockpit Project Wiki
https://w.atwiki.jp/keisim/

◆Blue Sky Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCIm-_H5n2MOEgTYzVGFBATA

◆ホームコックピット制作の記録(約15分)



nice!(0)  コメント(2) 

【21/3/25更新】Prosim V3 for MSFS リリース [MSFS2020 アドオン]

---------------------21年3月5日更新

久しぶりにProsimでも動かしてみようかなーと思って立ち上げたら、アクティベーションできず。
PC換装したのでそりゃそうでした。
Prosimはハードウェアを交換すると切れちゃうんですよね。

で、Prosimにアクティベーションリセット依頼メール。

2018年3月に有効期限切れてるけどいいのか?と聞かれました。
自分はサブスクになった時にちょうどコックピットを一時的に店じまいしてたんでまぁ、いいかとそのまま放置してました。

無事にリアクティベーションも完了し、ProsimをMSFS2020と一緒に起動してみたんですが、やはりProsimを起動することはできず。

そこでサブスクのシステムを改めて確認してみたわけですが、有効期限の積み上げ式になってました。
自分の場合2018年3月に切れてるので、いま1年分のサブスクを購入(99ユーロ)すると、2019年3月の有効期限に延長されます。
そう、過去の有効期限を買うことになるわけですね。

ということは、現時点でMSFS2020にバージョンアップされた最新版を使いたい!となった場合は、過去3年分と次の1年分の計4年分、約51,000円が必要になるという計算になります。

ここでまたMSFS2020対応版を得てしばらく放置してProsimがアップデートされたとすると、またサブスクやってなかった期間分支払わないとUPDATEされないっていう仕組みです。

結局、ホームコックピットを続ける以上は年99ユーロはかかり続けるので、あと20年やるってなったら20万はかかるっていうことになります。
これが高いのか安いのかわかりませんが、ひとまず現時点で5万円を払うか否か考え中…。
元々のライセンスがまだ3万以下の時に買ってたのでそれを考えれば安い(今買うと16万円)ですし、MSFS用に全然別のライセンスじゃなかったことも考えると全然安いんですけどね。
UPDATEもマメだし、サポート丁寧で早いし。

まだ、MSFS2020がマルチスクリーン対応してないこと、現状物理的に部屋が狭くてCockpitこしらえることができないことを考えると、今じゃないのかなーなんて思ったり。 
でもMCPとかCDUとか、Opencockpits以外の手持ちハードウェアが全然使えないっていうのもストレス...。

毎年1万ちょいずつ払ってればなんてことはなかったんですが、溜めちゃうと一発のお財布インパクトがでかい(笑)

うーん。悩むなー。



以下、Prosimのwikiページより抜粋
https://wiki.prosim-ar.com/index.php/Frequently_Asked_Questions#How_do_I_move_my_ProSim_suite_.28737NG.2C_737MAX.2C_A320.29_to_another_computer.3F

Question
I have purchased a 12 month update subscription, but the new expiry date is less than 12 months from now?

Anser
The update subscription is incremental - when you purchase a new extension, we simply add 12 months to the date your current update subscription expired. The date of purchase is not relevant to the new expiry date.
If your last update subscription expired more than 12 months ago and you purchase an extension, your new expiry date will still be in the past. If your current update subscription has not yet expired and you purchase an extension, 12 months will be added to the expiry date, so you don't have to wait until the subscription actually expires. You always get 12 months of updates.
Example - your update subscription expired 31 March 2019 and on 30 July 2019 you decided to extend your update subscription. After the purchase, your new expiry date will be 31 March 2020.


---以下Google機械翻訳---

質問
12か月の更新サブスクリプションを購入しましたが、新しい有効期限は今から12か月未満ですか?

アンサー
更新サブスクリプションは増分です。新しい拡張機能を購入すると、現在の更新サブスクリプションの有効期限が切れた日付に12か月が追加されます。 購入日は、新しい有効期限とは関係ありません。
最後の更新サブスクリプションが12か月以上前に期限切れになり、拡張機能を購入した場合でも、新しい有効期限は過去のものになります。 現在の更新サブスクリプションがまだ期限切れになっておらず、拡張機能を購入した場合、有効期限に12か月が追加されるため、サブスクリプションが実際に期限切れになるまで待つ必要はありません。 常に12か月の更新を取得します。
例-更新サブスクリプションの有効期限が2019年3月31日で、2019年7月30日に更新サブスクリプションを延長することにしました。 購入後、新しい有効期限は2020年3月31日です。




---------------------以下 21年2月4日のブログ

どうやらProsimのV3がリリースされ、MSFSの対応を開始したようです。

先日Prosimから以下のようなメールが来ました。

prosim.jpg
※Prosimからのメールを抜粋

a320、B738ともに正式にMSFSに対応したようです。
MSFSは常に改良中のためいろいろ不具合はあるとの前提付きですが。

FDSやCPFlightなどのハードウェア間でのイーサネットサポートも行われているようで、これらのバージョンアップは、バージョン3として現サブスク利用者はそのまま利用できるとのこと。
これで手持ちのハードウェアはすべてProsimを経由して使えそうです。

しかし、残念ながら自分は現在部屋が狭くてコックピットを広げられないためサブスクを利用しておらず、稼働検証ができません(T-T)

あとはASOBOが、FOVに対応したマルチスクリーンをリリースしてくれればホームコックピットビルダーとしてはこのMSFSも選択肢に入るかなと思ってます。

まだ、MSFSはプロのパイロットからの評価はいまいち(機能的にもまだまだ不足してるし)なようですが、今後改善されてよりリアルなシミュレーターになっていくことを期待してます。


◆機体について
1点気になる点が。
B738はMSFS2020には機体が入ってないので、これはどうすんだ?という点。
ぱっと見、見当たらなかったんですが、どこかでMSFS用のB738モデルがリリースされてるのかな?

◆サブスクについて
もともとProsimはサブスクに入らなくても当時のバージョン(自分はV1)はそのまま使えるってことだったので、サブスクに移行しなかったんですが、今からサブスク契約開始してV3使えるんですかね…。
必要な時だけ1年サブスクしてまた停止してとかっていう、浦島太郎的な使い方ができるのかどうか。
ちょっとProsim-ARに問い合わせしてみようかな。


nice!(0)  コメント(3) 

【21/3/25更新】MSFS2020 ファーストレビュー [MSFS2020]

ちょこちょこフライトしてみて気付いたことをメモします。

1.リプレイモード
これ結構致命的。自分のフライト状況を確認できないので接地等事後学習ができません。
⇒21年1月現在開発に着手。21年中にリリース予定になってます。ちなみに、有料ソフトウェアが1本リリース、もう1本がまもなくリリースということで海外のレビューみて考えようかと。
⇒フリーのアドオンがありました。操作も簡単なので自分はひとまずこれで十分です。
FlightRecorder
https://flightsim.to/file/8163/flight-recorder

2.Key設定
スピードブレーキアームkey設定がなさそうな気が・・・ これまでのFSと同様に普通に飛ぶための準備が整いません。
⇒FSUIPC7で解消しました

3.マルチスクリーン(FOV)
⇒鋭意開発中とのうわさ。
⇒21年3月現在開発中ですが、リリースが21-22年予定となってます。


4.VR非対応
⇒鋭意開発中とのうわさ。
⇒20年12月リリースされました!


5.スペック
あれだけのシーナリーを表示してFPS20が出るのですごいんですが、いざフライトするとカクカクが邪魔に感じます。40以上を常に出す環境が必要そう。 PCの換装に向けてパーツのリストアップを開始。
⇒9/29 ULTRA設定でも羽田近辺を20FPS切らずに飛べているので緊急性は薄れてます。しばらくはこのHWのまま様子見です。
⇒PC換装Done。


<自分の環境>
Intel Core i7 4790K → Core i7 9700K
Asrock Z97 extream4 → ASRock Z390 Pro4
CPU クーラー 純正 → 虎徹 Mark II
DDR3-1600 16GB → DDR4-2666 16GB
ASUS GeForce GTX 1060 6GB → RTX3070
Windows 10 Pro → 新規購入


6.Autogen(ビルオブジェクト)
スカイツリー、都庁等の超メジャーな構造物はそこそこしっかり作られてますが、他のビルはAutogenで生成されているようで形や色が結構めちゃくちゃ。ビルの形と高さ情報からAIで生成しているようです。
ニューヨークのビルなどはBingMAPのテクスチャ再現もありますが、それとくらべると東京は雑。 普通に高度を取ってフライトしてる時は全く問題にならない(林立してるのできれい)ですが、東京タワー、ゲートブリッジ、駅、お台場の特殊な構造物などはありません。
雰囲気は得られますが、今後のアドオンに期待ですね。
⇒Autogenの割には意外と建物の形状(形と高さ)が似てます。
 福岡ILS16アプローチで実写と比較した動画がこちら→ https://youtu.be/xc0h6yAjZ-I
⇒9/29 日本シーナリーの大型UPDATEリリースで激変!


7.ホームコックピット対応
Prosim、FSUIPC当たりの対応が待たれますがここはしばし待ちですね。
現状、コックピット計器なしのビュー表示ができなそうです。

⇒どうやら開発中とのうわさです。
⇒20/9/9 FSUIPCはリリース済み
⇒21/1/13 B738リリースされました。ProSim v3.03 beta 7 version or higher
⇒20/9/9 FDS InterfaceIT 対応予定とのこと
⇒20/9/29 CPFlight ドライバー開発中とのこと。リリース未定。
⇒20/9/29 Opencockpits SIOC FSUIPC7経由で問題なく稼働。



最近飛んでみた動画がこちら。

Landingチャレンジ NICE


Landingチャレンジ SABA


成田16Lアプローチ B747-8


東京上空フライト B747-8


新宿上空フライト


羽田16Lサークリングアプローチ(ULTRA設定)



nice!(0)  コメント(1) 

【SOLVED】LNAVを追尾しないトラブル(V1.14.5.0) [MSFS2020]

3月に実施された1.14.5.0へのMSFSのUPDATE後、A320とB787だけが、離陸後のAPプッシュでもLNAVを追尾しない問題が発生。

すげー悩みましたこれ。
検証したのが以下。

■事象
離陸後APをプッシュしてもAPが正常に動作しない。
- スロットル、高度(VNAV)はATで制御される
- Heading(LNAV)がコントロールされない


テスト(条件:羽田)
ASOBO320離陸[×] → 空中切替ASOBO787○ → 空中切替ASOBO320○ → 空中切替ASOBO747○
ASOBO787離陸[×] → 空中切替ASOBO787○ → 空中切替ASOBO320[×] → ASOBO747○
ASOBO747離陸○
CJ4離陸○
Cessna 172 G1000離陸○

■不具合発生条件仮説
- 場所 羽田
- 状況 離陸時
- 機体 機体に依存(747、CJ4、セスナ等はOK。ASOBO787、320がダメ)

■テスト(条件:石垣空港)
ASOBO320離陸[×] → ASOBO787○ → ASOBO320○ →早送り→ ASOBO320○ → ASOBO787○ → ASOBO747○
ASOBO787離陸[×] → ANA787○ → ASOBO320○ → ASOBO747○
ASOBO747離陸○

■結果と考察
場所は関係なく、問題ない機体も存在する。
- 場所 関係なさそう
- 状況 離陸時(機体初回読み込み時)の可能性が高い(ただし、320、787に限られる)
- 機体 機体依存の可能性が高い(320、787に限られる)

■テスト(機体再読み込み)
機体初回読み込みの失敗を疑い、地上で機体変更(再読み込み)を行う。
ASOBO320 → 地上切替ASOBO320[×] → 空中切替ASOBO320○
ASOBO320 → 地上切替ANA787[×] → 空中切替ASOBO787○
ASOBO320 → 地上切替ASOBO787[×] → 空中切替ASOBO320○
ASOBO320 → 地上切替ASOBO747○ → 空中切替ASOBO320○
ASOBO320 → 地上切替320他ライブラリ[×] → 空中切替ASOBO320○
ASOBO787 → 地上切替ASOBO320[×] → 空中切替ASOBO787○
ASOBO787 → 地上切替ANA787[×] → 空中切替ASOBO747○
ASOBO787 → 地上切替ASOBO747○
ASOBO747 → 地上切替ASOBO320[×]
ASOBO747 → 地上切替ASOBO787[×] → 空中切替ASOBO320○
ASOBO747 → 地上切替ASOBO787[×]
ASOBO747 → 地上切替ASOBO320[×]

■結果と考察
1. 747はいずれの状況でも問題ない。
2. いずれの機体でも空中で機体を読み込んだ後はAPが正常動作する。

- 場所 関係なし
- 状況 離陸時(機体初回読み込み時、320、787に限られる)
- 機体 機体依存(320、787に限られる)

320、787は離陸時追尾不可。離陸後しばらくしてから機種変更(再読み込み)するとAPが動作する。
機種変更は異なる機種変更(A320→B787→A320)でないと不可。

ーーーーーー

と、ここまで来てネットをいろいろ調べまくってようやく解決策を発見。

https://forums.flightsimulator.com/t/i-believe-i-may-have-a-lnav-autopilot-workaround-for-a321-787-issues-after-last-patch/290108

なんとコントローラーのセンシティビティ設定の問題でした…。
コントローラーのDeadzoneが0になっていると、微小な動きをFSへ送ってしまい、APを混乱させていたというのが原因とのことで、以下のようにDeaadzoneを5%に変更することでAPが正常稼働するようになりましたた。
UPDATEでA320とB787のAP「感度」設定が変わったんでしょうかね…。

無題.jpg

このトラブルのためにMSFSを再インストールしたので、一部カスタムビュー設定とかが吹っ飛んでしまいました…。
UPDATEがあると何かしら不具合が起こることがあるので、今後もUPDATEは要注意ですね。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -